子猫専門ブリーダーくぅーふぅーはうす

動物販売時説明書

 

動物販売時説明書

 

 

 

 

愛護及び管理に関する法律施行第8条第4項の規定に基づき、動物購入の契約にあたってあらかじめ購入動物の特性及び状態に関する説明及び説明書の交付を行うために作成したものです。疑問の点は遠慮なく説明者ご質問いただき、十分な理解のもとに適正に飼養保管されますようお願い致します。

 

 

1、飼養保管方法

 

@飼養施設・用具
飼養施設は、猫の大きさ習性に応じた十分な広さを備えたものを準備しましょう。排泄設備・隠れ場・遊具等も必要です。また、清掃が容易で、逃げ出したりしない構造のもの、突起物等により傷害等を受けるおそれがないものを選びましょう。       ☆ 寝床・食器・水入れ・トイレ・ブラシ・爪とぎ・遊び道具など ☆

 

A清掃等
猫の健康と安全を守る為、定期的に掃除や消毒を行い、適切な衛生状態を維持しましょう。
☆ トイレの清掃は1日1回以上・食器の清掃は汚れの程度を見ながら必要に応じて実施しましょう!! ☆

 

B環境
適切な日照や通風等の確保を図り、適切な温度や湿度が維持された飼養環境を確保しましょう

 

(1)安全と健康の保持並びに迷惑防止の観点から屋内飼養が推奨されている。
(2)採光・通気・換気がよいこと。
(3)十分な運動量が確保できること。(特に垂直方向の運動を出来るようにすることが重要)
(4)給餌・排泄・グルーミングができる一定した場所を設けること。

 

2、食事と栄養管理

 

@食事の種類
☆ キャットフード(総合栄養食)や自家製の猫専用の食事(必要な栄養が人とは異なるので注意が必要) ☆

 

A食事の回数や量
☆ 1日2回以上(幼齢期は4〜5回)量は、体重あたりの量を基本にして、猫の体重の変化や体の調子・便の状態などを見ながら調整 ☆  

 

B飲み水
☆ いつでも新鮮な水が飲めるように、きれいな容器に入れておいておきましょう ☆

 

C注意すること
与えてはいけない食べ物があるので注意が必要です。また、与えすぎによる肥満も猫にとってはよくありません
☆ 人の食べているものを欲しがっても与えないこと。猫と人とは体のつくりや必要な栄養バランスが違うので、病気の元になると共に躾の上でもよくない ☆  ☆ 塩分や香辛料は避けること。また、猫は必須アミノ酸のタウリンを体内で合成できないので、タウリンを含んでいる肉・魚介類を給餌すること ☆

 

3、運動及び休養

 

@猫は、立体的に行動する動物なので、室内飼養する場合は平面だけでなく、上下の運動ができるように工夫すること。
A猫は排泄場所を決めて糞や尿を埋め隠す。また、猫の糞尿は大変臭いので、外で自由にさせておくとよその人が非常に迷惑する。外に出すときには十分な配慮が必要。
☆ 猫の習性に応じた必要な運動・休息及び睡眠を確保するようにしましょう ☆

 

4、躾

 

@もともと人に服従するものではないので、強くしかって無理に言うことを聞かせることは困難。行動を観察し、やってはいけないことはさせない、やりそうになったら直ちにやめさせるということが躾の原則

 

A生後5〜6週で爪とぎをするようになる。爪とぎは習性の一つなので、無理にやめさせるのは適当ではないため、爪とぎ用の板切れを用意してやる。既製の爪とぎも市販されている。

 

B猫は高い所に登るのが得意だが、テーブルや食卓やには登らせないようにしつけること。これは、衛生面ではもとより、盗み食いをさせないために必要なことである。☆ 猫が家庭や人間社会のなかで一緒に生活していくためのルールを教えることが躾です。訓練や芸をさせることではありません。躾のコツは叱るのではなくほめ、それでも出来たら大仰にほめて教えることと、根気よくおしえることです。体罰・大声・脅しは絶対に避けるようにしてください ☆

 

5、手入れ

 

@ブラッシング
汚れや抜け毛を取り除き、つやのある毛にすると同時に、皮膚の血行をよくする。毛並みに逆らってブラシをかけて汚れを浮かし、次に毛並みにそってブラッシングしてやる。特に猫は体を清潔にするために体をなめて毛を一緒に飲み込むので、毛の抜け替わる時期にはこまめなブラッシングが必要。

 

A爪きり
伸びすぎた爪を放置すると、毛布などにからまり、爪を折ったりはがしたりすることがあるので、伸びすぎた爪は猫用の爪きりで切ってやる。

 

B耳の手入れ
耳の中のチェックが時々必要。健康な猫では、耳垢はわずかでほとんど臭わない。臭いがきつかったり黒い耳垢がたまっている時は、獣医師に相談が必要。綿棒などでのふき取りは耳の粘膜を傷つけ、汚れを押し込むことになるのでよくない。

 

C歯の手入れ
猫用の歯ブラシや、ガーゼを巻いた指で歯と歯茎をこすってやる。奥歯の外側が、歯石のつきやすい場所。歯石を放置しておくと歯周炎・歯周病などが進行する。歯が悪いと口臭がきついばかりでなく、心臓や腎臓などの病気の原因になるおそれが高くなる。

 

D猫のノミ
ノミは、猫がかゆがるだけでなく、寄生虫病や皮膚病の原因にもなり、また人も刺されて発疹ができることがある。ノミ取り専用の首輪やシャンプー・その他色々な殺虫・駆除剤があるのでペットショップや獣医師に相談する等により適切に処置する。また、ノミの成虫も卵も猫の体から落ちてカーペットや部屋の隅のほこりのなかにいることから、こまめに掃除機をかけることが必要。

 

6、病気

 

☆ 動物の種や品種によりかかりやすい病気があります ☆

 

(1)かかりやすい主な病気

 

@寄生虫
回虫・条虫・コクシジウムなどの寄生。駆除薬で駆除が可能。

 

A猫ウィルス性鼻気管炎
鼻汁・涙・よだれなどが主な症状の代表的な病気。最近はワクチンができている。

 

B猫カルシウイス感染症
猫に多く見られる呼吸器疾患。

 

C猫伝染性腸炎(猫汎白血球減少症)
子猫などは発病してから1〜2日のうちに死亡する等、死亡率が高い病気なので、生後2〜3ヶ月になったらワクチン接種することが望ましい。
D猫白血病ウィルス感染症
ウィルスが原因で腫瘍性疾病を起こして死に至る経過が多い病気。若齢猫において危険度が高い。

 

E猫の後天性免疫不全症(猫エイズ様疾患)
免疫力が低下し、普通なら何でもない細菌等におかされて死亡する。感染した猫との接触により感染。なお、人にうつることはないといわれている。

 

(2)人と動物との共通感染症
☆ 動物から人へ、人から動物へとうつる病気を、人と動物との共通感染症といい、200種類以上あるといわれています。主な共通感染症及び猫にかかりやすい感染症には、次のようなものがあります ☆

 

 

 

・犬 : パスツレラ症・皮膚糸状菌症・回虫症・狂犬病など
・猫 : 猫ひっかき病・トキソプラズマ症・回虫症・Q熱・狂犬病など
・牛など : Q熱・クリプトスポジリウム症・腸管出血性大腸菌など
・サル : Bウィルス症・細菌性赤痢・結核など
・ネズミ : レプトスビラ症・ハンタウィルス肺症候群・腎症喉性出血熱など
・鳥類 : オウム病・高病原性鳥インフルエンザ・ウエストナイル熱など

 

 

 

@トキソプラズマ症
この病気に初めてかかると、便の中にオオシスト(虫の卵のようなもの)を排出することがあり、これが人への感染源となる。人が感染しても症状が出ない場合が多いが、妊娠の初期感染した場合、胎児に影響することがある。

 

A皮膚糸状菌症・疥癬症膚
原因はいろいろあるが、糸状菌(カビの仲間)や疥癬(ダニの一種)によるものは、人にもうつることがある。

 

B猫ひっかき病
人が猫にひっかかれた結果、局所に赤色丘疹がでたあと、リンパ節の腫れや発熱(不定)症状を示す病気。

 

(3)健康管理と予防方法

 

☆ 動物がかかる病気は、感染症・腫瘍・生活習慣病などの人と同じようにたくさんあります。病気を早期に発見するためには、常に元気・食欲・尿や便の状態などに注意していることが必要です。良いホームドクター(獣医師)を決めて、様子がおかしいときは早めに受診しましょう。なお、病気になったときに慌てるより、普段からバランスのとれた食事や適量の運動に気を付け、ワクチンや薬で予防することが一番なのはいうまでもありません ☆
☆ また、共通感染症を予防するためには、口うつしで食べ物を与えるなどの過度の接触をしない、糞や尿は早めに処理をする、動物の体や生活環境を清潔にする、動物の体に触れたり糞や尿を扱った後はよく手を洗う、などのことを守り、衛生的な飼い方を心がけていれば、必要以上に恐れることはありません。そして、普段から動物の健康状態に注意して、具合がおかしいと思ったら、早めに獣医師に相談して下さい。また、飼い主自身や家族の健康状態にも注意し、異常があれば医師に相談して下さい ☆

 

7、不妊・虚勢措置等

 

☆ 飼養頭数が増えて、適切な飼養管理ができなくなってしまった場合には、動物を劣悪な飼養環境下に置くこととなるだけでなく、人に迷惑や被害等を及ぼしたり、遺棄や虐待等の違法な事例を発生させることとなります。動物が繁殖し、飼養頭数が増加しても適切に飼養できる場合以外は、できる限り繁殖を制限するように努めましょう。繁殖を制限する主な方法としては、去勢手術・不妊手術・雄雌の分離飼育などがあります。不妊去勢手術は、一般的には大人になる前に行う方が望ましいとされており、その効果としてはみだりな繁殖を防止するだけでなく、性格が穏やかになって躾がしやすくなること等があげられています。なお、デメリットとしては肥満やホルモン失調が認められる場合があること等があげられています ☆

 

8、その他

 

@幼児期に親兄弟と過ごした経験は大切であることから、子猫を親兄弟とは別に飼う場合は、ある程度大きくなってから(社会化期がすぎてから)が望ましいといわれています。

 

A固体識別と終生飼養
マイクロチップなどによる固体識別措置による所有権の明示と終生飼養は、飼い主の愛情と責任の証です。

 

B本説明書は必要最低限のことについて記載したのもです。飼養保管方法の詳細については、専門の飼育書等をご参照くださいますようお願いします。

 

関連ページ

ご見学について
ご見学ご希望の方は、お気軽にお電話、またはメールフォームにてご予約下さい。完全予約制となっております。
ご予約について
ご購入に際してのご予約は、予約金として30,000円を申し受けます。
お引渡しについて
猫を飼うのは初めてで何を揃えていけば良いか分からないという方の為、必要最低限のおすすめのツールを揃えた『はじめてセット』を有償にてご用意が可能です。
生命保障について
お引渡し日から30日以内に、遺伝的・先天的・ご購入前からもっていた病気が原因で死亡したと獣医師が判断した場合、同等額の子猫で保証を致します。

 
子猫情報 ご購入とお迎えについて よくあるご質問 お知らせ お問い合わせ